脂肪燃焼団なずの井戸端会議

なず個人の日々の事を残すブログ。5,6人に届けば◎

【雑記】宣伝と最近のこと。

年内、予定がない脂肪燃焼団

(座組に困ってる!とかもう一組欲しい!とかあればお気楽にご連絡ください!Twitter:@nazu315 https://twitter.com/nazu315?s=09

 

富士コスは香港の皆さんが遊びに来るようなので、遊びに行きます!

 

私、姉に、クリスマスかニューイヤーにこっち遊びにきたら?と誘われたので、アメリカにパーティーピーポーの修行にでも行ってみようかな?なんて思ったりしてます。笑

 

来年は!

2019/01/26(sat) 14:30open

#らいくら https://twitter.com/Like_A_Loud
https://twipla.jp/events/341005

 

 

アマプラ見てたらオススメされたので、最近、となりの関くんを見はじめた。

きっかけなんてちょっとした事だね。

見てみれば面白くてずっと見てる。笑

1話見て「あ、好き。」って思ったらムトウユージさんが関わってる作品で、なるほど。と変に納得してしまったクレヨンしんちゃん信者。笑

 

今期アニメ

ヘロウさんにすすめられてからくりサーカスを見てます。

前回が原作で読んだとこまでだったので、次回からは完全なる初見。

とりあえず、しろがねが「ぼっちゃま!」って言うシーンが、ポケgoやってるせいか、“ポッチャマ”に聞こえてしまうのどうにかしたい。笑ってまう。

あと、ジョジョ

相変わらず絵とセリフのクセが強い!原作読んでないのに知ってるキャラが多いのはアメトーーク!の影響かな?

昔、チャックのいっぱいついた服を着てたら「ブチャラティと戦ってるの?」って言われて、その時はジョジョ知らなかったから、「あ、え?はぁ。」みたいな感じで返したけど、あー。なるほど。うん。あれはブチャラティにやられてたわ。

 

SSSS.GRIDMANは友達にすすめられて見てます。

めちゃ特撮してて、勇者シリーズで、稲田さんが楽しそうでいいです!

映画クレヨンしんちゃんの3分ポッキリ大進撃ぽいかな?続き気になります!

 

 

今週は

ベノム見に行こうと思ったのに、時間が合わなくて先送りかな〜。残念。

映画館で見たい!!!

 

 

 

 

【映画】A.I.【感想】

スティーブン・スピルバーグ作 『A.I.
A.I. (吹替版)

基本的に予備知識なしで映画をみるのでスピルバーグ作というのすら知らずに、Amazonプライム会員視聴できたので見てみた。

この作品を知ったのは、内村プロデュースという、私の敬愛するバラエティ番組のアフレコのコーナーだったか、笑う犬ウッチャンハーレイ・ジョエル・オスメントのものまねをした時だったかに知った。笑

AI物ってわりと好きで、SFリストの中からジャケ買いならぬ、ジャケ見したりしてる。「エクスマキナ」と「イヴの時間」が最近見たAI物であるので、また感想を書きたいと思う。


A.I.
子供が親に思う「愛」をしっとり切な悲しくもハートフルなストーリー。
スピルバーグ作にハズレってないのか!

語りから入るスタイルで、「ん?ファンタジーか?」と思う始まりだったし、なんともベタな語り内容で…
「まぁ、17年前の映画じゃこんな感じか」と思った。

この世界で言うAIの定理や、今からどういったものが出てくるのか。という説明が、さすが、わかりやすく描かれてた。

世界観の説明が、語りと冒頭10分でしっかりまとまっているので、見やすい。

劇伴にざわつかされて、「お、お、、、?ホ、ホラーな展開来てしまうのか…?」と心の準備をしすぎて、"泣ける名作"の宣伝文句通りにはいかなかった(笑)

公開当時かなり騒がれていたけど、オスメント君の演技がバリうめぇ。吹替でみたけど、吹替役の常盤 祐貴さんもハマってたし、井上和彦さんと大川透さん出てるんで、なんとも耳が幸せだった。
ジュード・ロウの良さは短い私の映画道ではわからなかったけど…、若いイケメンのしかも………ちょっとアブナイ感じな大川さんはホントイケボすぎてちょっと失神するかと思った。笑

SF近未来系映画だと、当時は未来を予測しての機械とか背景だったけど、現代では追いついてしまった追い越してしまった。みたいなのがあるあるだし、冒頭の語りで古臭さを感じてはいたけど、話が進むと其のへんは気にならずに楽しめた。

長く語られる名作なだけあって、イイ作品だったけど、私的には後味があまりよくなかったかな〜。
もう少しスッキリと終わっても良かったような?
楽しい気分になりたい!とか、テンションあげたい!とかって時には向かない映画。
「名作を見よう」「ちょっと考えさせられる作品を見よう」ってテンションで見ないと結構しんどい。星4つ。

全現場全力で!

これぞブログ!みたいな使い方!
まずは告知!

 

ハロウィンイベント「月灯りのカーニバル Third Season」~ナ月Presents~

f:id:shibonen:20181015143100j:plain

#月灯りのカーニバル
2018/10/27(sat) 12:30open

twipla.jp

月灯りのカーニバル Third Season特設サイト
https://tsukiakarinocarnival.jimdo.com/

 


A-STYLE ROCK PARTY《Like A Loud》Vol.Ⅳ

f:id:shibonen:20181015143129j:plain

#らいくら
2019/01/26(sat) 14:30open

twipla.jp

Twitter

twitter.com

 

絶対楽しいので!!!
ぜひぜひ遊びに来てください!!!!!!!

 

 



f:id:shibonen:20181015144723j:plain

私は、脂肪燃焼団の過去MIXを定期的に聞くことが習慣だ。
ほとんどの現場が45分~1時間の持ち時間なので、作業BGMにちょうどよく作業しつつ振り返りをしたりする。

 

ストイック!!!!!!

 

MIXCLOUDなりで人のを聞いて勉強したりすればいいのに。と思うこともある。決して、自分らのことがめちゃくちゃ好きで、自分たちのMIXが1番面白い!と思っているから自分らのMIXしか聞かない。と言うわけでもなくはないが、まあ、勉強するのはヘロウさんの分担ということで。笑


ご存知のかたも、うっすら気がついてる方も、それに異を唱えたい方も、様々いらっしゃると思いますし、よくツイッターでも論議になりますが、我々は…、「セトリ組みたい派」です!

私、個人としては、セトリ組む事の何がそんなに拒否されているのかわからないまである。
だって、バントさんはセトリ組んでそれを練習するじゃない!DJだってセトリを組んでそれを練習して現場に持っていってもいいじゃないか!と思うの。
が、どうやら巷でDJというのは、試験前に、「(実はむちゃくちゃ勉強してるけど)全然勉強してねーわー。マジやばい。今回はホント落ちたって感じだわ。」と言って100点取るやつ的なカッコよさが必要らしい。


えーとなんだっけ。
あ、そうそう。

セトリ組みたい派ではあるもののの、全MIXをイベント毎、来るお客さんの情報収集、持ち時間、順番、いろんなことを考えて毎回新しいモノを作ってる。


ありがたいことに数え切れないほどのイベントに出させて頂いていて、でも、セトリを組んでいくからと言って、同じMIXを持っていったことは1回もない。

こことここのツナギはウケたからまたやろう!みたいな流用するけどね。

動画も一緒で、私は、ヘロウさんに作った動画をパーツごと持ってればいいのに。と何度か言ったことがあるけど、それでは駄目らしい。笑
毎度、毎度、そのイベントに合わせて出したいシーンが変わるんだとか、歌詞のタイミングの修正をしたいだとか、次に繋ぐ曲とのなんやかんやがどうとかと言って、毎回新作を出してくる。ウケる。笑


セトリを組む。というとありものを持って行く。と言うイメージになりやすいと思うけど、脂肪燃焼団のMIXは、どのMIXも全部ナマモノ。

お客さんもその1回しか見れないし、自分らもその1回しか見せられないから!
全現場全力!!!!!!

目を離さずに、全力で楽しんでいただきたい品です!!!!!!


【全力】そんな脂肪燃焼団の全力を見られるのはコチラ!
【告知】

ハロウィンイベント「月灯りのカーニバル Third Season」~ナ月Presents~

#月灯りのカーニバル
2018/10/27(sat) 12:30open
https://twipla.jp/events/320728

月灯りのカーニバル Third Season特設サイト
https://tsukiakarinocarnival.jimdo.com/

 


A-STYLE ROCK PARTY《Like A Loud》Vol.Ⅳ

f:id:shibonen:20181015143316j:plain

#らいくら
2019/01/26(sat) 14:30open
https://twipla.jp/events/341005

Twitter
https://twitter.com/Like_A_Loud

 

出演イベントについて知りたい方はTwitterにてご連絡ください!

twitter.com

 

【映画】Looper【感想】

イアン・ジョンソン監督による2012年のアメリカ合衆国SF映画
出演はジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリスエミリー・ブラント

なんとなく暇つぶしに映画でも見るか。と思ってAmazonprimeに勧められるがまま見た映画。
ジャケットとタイトルは知ってていつか見ようと思っていた、作品ではあったものの、関連映画にB級ものが多かったので期待値は低めで鑑賞。

約2時間のSFタイムループ(R12)もの。

(以下ネタバレ含む)

親友がやらかしてしまう→末路の描き方がスムーズで、「もう、30分たったのか!まとめるのがうまいなぁ。」と言う印象。緊迫感がよく伝わる撮り方だった。

低予算感バリバリだったけど、俳優陣の演技と見せ方でまあまあ見れる。

話とは関係なさそうな、超能力の説明が前半あって、あれはなんだったんだ?という気持ちになるが、「あぁ。なるほど。」という結末。

イムループSFと言うことで、近未来的な装置や武器を期待してたけど、裏切られた。笑

見たことないけど「あー。ターミネーターってこーいうんだろうな。」って感じなストーリー。

私は唐突にやってくる洋画あるあるのラブシーンが苦手だという事を思い知らされた。
あそこで、セックスする必要性はあったのだろうか…。
うーん。いやぁ。まぁ、主人公とヒロインが"心を通わせる"の描写を3分で撮ろうとなると、あぁなってしまうのかな?笑

ブルース・ウィリスは、ハゲで、頭から血を被ってても、イカす。

派手なアクションはなく、途中のドンパチがダルかったけど、人をバンバン撃つのが見たいって人にはいいかも。

レビューでは、「ラストがわかるけど」みたいなのが多かったけど、私は思ってたラストと違ったので、「おー!こういう感じね!はぁ〜!」となかなか衝撃のラストだった。

正確には、タイムループSFマフィア映画
映画が安価に見れる海外だからこそ上映される系で、B級映画が楽しめる習慣的に映画を見れる人は、見てる作品を増やすためにはいい映画だと思う。
映画館で1,800円出して見るには、星2ってとこかな。

最近、思考が変わって画期的なアイデアを思いついた。

現場では、でぃーじぇいこんとろーらーをぱそこんとみきさーに繋いで、でぃーじぇいそふとを起動するのが準備だって事ぐらいは知ってます!
あと、コンセント差す穴がいっぱいある棒状のあれを「タップ」って言うのも知ってます!
どーも!
脂肪燃焼団の現場で機械にあまり触らない方のなずです!

イベントとかDJとかまったくかすりもしない!
とても個人的な事を書こうのコーナー

イベントやDJの事をそこそこ真面目に書いてるブログはコチラ↓↓↓
http://shibonen.hateblo.jp/


最近、Twitterhttps://twitter.com/nazu315?s=09 )で、気になったAV女優さんを貼ったりしてるんですが…
ふと。コレって「うわっ。」となる人いるだろうなー。と思います。

かく言う私は、今の仕事につくまで、AVってものがものを心底嫌悪してました。

下ネタは全然へーきだし、大体の性癖に理解があるタイプだと自負してるんですが、なぜか「AV見てます。」「推しAV女優はこの人です。」みたいな話はまったく共感できなくて、『見るのも楽しむのもかまわんが、そーいうのはひた隠しにしてててくれ。公に話すな!黙っとけ』ぐらいの事を思ってました…笑

AV鑑賞ってなんかすごく知能指数低くてやっすい娯楽?快楽?な気がして好きじゃなかったんです。

でも、今してる仕事で、毎週毎週AVの入荷してたら、「女優もレーベルも仕事としてるんだな。すげーな。ひとつのエンタメとしてリスペクトしていこう。」という謎な尊敬の気持ちがうまれて!

そして、思いついたんですよ。

【AV女優を目指せダイエット】

理想の女優さんをみつけて、その女優さんの体型を目標にダイエットすれば、明確に目標設定して見失わないし!その女優さんが好きなメンズからの目は釘付けにできるし!そしたら性癖も合うから相性バッチリだし!!!画期的すぎるぜ!AV女優を目指せダイエット!

思えば、AV女優以外は、常に服を着てるじゃん!
本来の体型はわからない。
ガッキーになりたいと思っても、ガッキーの服を着た姿しかわからないわけ。
もしかしたら、ガッキーの可愛さは服のセンスもプラスされての可愛さかもしれないじゃない!
(いや、可愛いんだけどさ。)
そしたら、ガッキーになるためには服のセンスも磨かなきゃいけないわけですよ。

そんなもんモチベーションあがらんさ。
ハードル高杉晋作

でーもー!!!
AV女優さんなら!
服きてる姿もみれるし!
脱いだ素の姿もみれるし!
なんなら、パッケージの写真は修正の仕方とか角度とかSNSに写真あげる時の参考になるし!
監督がついて、作品になってるわけだから、仕草とかもちゃんと見れば、ベットでどうすれば男受けするか。とか勉強になるし!

これ以上のダイエット、モテテク、ハウツーDVDはないんじゃないだろうか!!!!!


ちなみに。
この画期的なダイエット法を思いついてから…
なんと!!!!!
1週間で1.5kg痩せてます!!!!!!!

すごいぞ!
【AV女優を目指せダイエット】

今後のダイエット効果に乞うご期待!

DJたるもの。

読みやすいレポートはこちら!

shibonen.hateblo.jp

 

自分の中に「これ」という芯があると
自分がやらなければいけない事、準備する事が見えてくるものではないか。

私(たち)のステージに立つ時の「これ」という芯は、"フロアにいる全員を心まで踊らせたい"だ。

毎回できるかどうかは置いておいて。
(できていると思って活動しているけども!笑)

そういう信念。心持ちでステージに立つ。

全フロアをわかせるという目標を達成するには、ステージ上で私が不安な顔をしていてはダメだ。
「ヘロウさん、次なんの曲かけるかなぁ〜。」とお客さんと同じ心情になっていては、フロアコントロールするパフォーマーとしてはあまりに遅い。
だから、セトリは組んでいきたい派だ。

多くの人へパフォーマンスを届け、心を通わせ、楽しんでもらうために、得意な曲はその曲の良さを全力で!あまり馴染みのない曲は自分らのスタイルで味をつけて!
幅広くさまざまな音楽をかけて、たくさん交流したい。
だから、見てないアニメの曲もかける派だ。

DJとは得てして「フロア全体」を視野にいれてプレイしてると、私はおもっている。

ゆえこのツイートにいたる。

 
が、中には「自分のファンに深く刺さるように!」「開演からずっと奥にいるあの人に刺さって最前に来てもらいたい!」
だから、「作品でしかつなぎません。」「見てないアニメの曲はかけません。」「セトリ組まずに当日の雰囲気でやります。」と言うDJもいるらしい。それがそのDJの「これ」を達成するための信念ならそれはそれでまぁいいんじゃないかと思う。

信念の違う各々が、お互いを尊重すれば、とてもDJの趣味思考のバランスがとれた良いイベントになると思う。


暴論になってしまうのは、Twitterと言う独特な場所で、自分の信念をわかってもらいた過ぎて自分語りと論が混沌としてしまうからなのではないだろうか。
オタクって「自分では熱く語ってるつもりはないけど、周りから見るとめちゃくちゃ語ってるなアイツ。」ってみえるそういうとこあるし。笑


今回は #アニクラ論 と言う新たなスタイルのアニクライベントに出向いた事で、自分(たち)の信念を改めて文章にしてみたが、DJ/パフォーマーである以上、語らずステージから自分(たち)の論を伝えていけるよう力をつけていきたいと思った。